二月の三角形

1 朝と友達

空は高く、澄んでいる。

至って普通のこの町にも、バレンタインはやって来る・・・


「知奈(ちな)、おはよう!」

すらりと背の高い一人の少女が、知奈という名の誰かを呼び止める。

「あ・・・千里(ちさと)。」

知奈と呼ばれた小柄な少女は立ち止まり、千里という名の少女を待つ。

千里は知奈に追いつき、もう一度おはよう、と挨拶をすると、歩きながら喋り始めた。

知奈は、自分からは殆ど喋らず、「うん・・・うん。」と相槌を打っている。

家族がどうだとか、昨日は親戚の家に行ってああだったとか、正直知奈にとってはどうでもいい話を、千里は繰り返した。

暫く喋った後、無口な知奈に気付いたのか、千里は心配そうに言った。

「どうしたの、知奈。今日、やけに静かじゃない。」

「え・・・そ、そうかな?」

「うん。普段も知奈ってそんなに騒がしい性格じゃないけど、今日は何か、特別静かだよ。」

きっぱりと、千里は言い切った。

「そう・・・かな。」

先ほどと同じ台詞を、知奈はもう一度、今度はゆっくりと繰り返した。

「何かあったの?」

千里は知奈に訊く。

「あの・・・今日バレンタインでしょ?」

だね、と千里が明るく言う。

「千里さ・・・誰かに、チョコあげる?」

「あたしぃ〜?」

千里がおどけて言った。

「まさかぁ。誰にもあげないよ。知奈は?」

「う〜ん・・・内緒!」

「うわっ、何それ!知奈の方からこの話題出したんでしょ?」

暫く二人のふざけ合いは続き、やがて知奈は千里の耳に、修也という人の名前を囁いた。

千里は一瞬、えっ、と小さく声を漏らし、固まった。

しかしそれは本当に一瞬で、千里は、そうなんだ、と短く言った。

2 教室と涙

カバンに入れたチョコレート。多分、この恋は絶対に実らないだろう、と知奈は思う。

何せ修也はモテている。大勢の女子に。

修也は女子にも男子にもとても冷たいが、モテるその理由は、やはり外見や、独特の雰囲気故だろう。

そして、修也はバレンタインのチョコレートを受け取らない。

「好きな奴のチョコしか受け取らない。」

そう言って、いつもチョコを返すという。

最も、当の知奈は、チョコを誰かにあげるのは初めてだが・・・おそらく、受け取っては貰えないだろう。

それでもあげたい。それが、知奈の正直な気持ちだ。


知奈が教室に入ると、クラスの空気は一変した。

何故かクラスの殆どが、目をそらせたり、ひそひそと話し始めた。

何が何だかわからない、という顔で立ち尽くす知奈。

知奈はクラス内で特別目立っている訳でも無ければ、かといって虐められている訳でも無い。

そんな中、ただ一人、千里だけが知奈に話し掛けた。知奈にしか聞き取れない様な、小さな声で。

「・・・知奈、大変。知奈が修也くんの事好きだって噂が広まって、優花(ゆうか)の耳に入っちゃって・・・」

「えっ・・・」

知奈は思わず叫んでいた。優花とその取り巻き数人が、ギロッと睨む。

千里は口に人差し指を当て、「しーっ!」と言うと、再び小声で話し始めた。

「ほら、優花って修也の事好きでしょ。優花と知奈ってあんまり仲良くないじゃん。だから、ムカつくって言ってた・・・」

「そんな・・・千里、言ってないよね?」

「まさか・・・あたしは、知奈の味方だよ。」

呆然とする知奈。少し迷った素振りを見せた後、千里が知奈の耳元で囁いた。

「・・・それでね、ほら、私、優花と幼馴染だから知ってるんだけど、今日・・・」

「千里ー!」

囁くのを止め、千里はバッと振り向く。

「ちょっと来てよー!」

そう呼んだのは、優花の取り巻きの一人、智美(さとみ)。

千里は、はいはーい、と軽い調子で返事をすると、優花のもとへ歩いて行った。

優花達と千里が話している様子をぼんやりと眺めながら、知奈は席についた。

コソコソと話す声を無視しようとしていても、知奈の目には、熱いものが滲んでいた。

修也は、その様子を無表情に眺めていた。

3 屋上と男の子

あたし、こんな事される覚え、無いよ――

知奈は心の中で叫んでいた。

靴は無くなる、ノートは破かれている、筆箱はゴミ箱に捨てられている――今日は知奈にとって散々な一日。

クラスメートも知奈に冷たく接した。唯一千里だけは話し掛けてくれたが、その度に優花が千里を呼び、いつも千里は行ってしまう。

今は弁当の時間。当然優花は千里を呼び、知奈はぽつんとひとりになった。クラスメートは、目を合わそうともしない。

知奈はたまらない気持ちになり、教室を抜け出してしまった。

千里が知奈を呼ぶ声がしたような気がするが、優花達のはしゃぎ声にかき消され、定かでは無い。


「は――・・・」

知奈は、今初めて安心している。この屋上なら、人が来る可能性は殆ど無い。

いつもは来ないこの屋上。空は、少しずつ曇り始めていた。

弁当包みを開くと、何かが書かれた紙が入っていた。

「・・・・・・」

それを黙って読んだ後、くしゅくしゅと丸めて、知奈は弁当を食べ始めた。

半分程食べ終えただろうか。屋上に、誰かの人影が、ゆらり、と出てきた。

知奈は驚き、反射的に人影の方を見る。小さな男の子。

顔は、涙でぐしょぐしょだった。もとは立派な洋服だったのだろうが、その服はぐちゃぐちゃに汚れていた。

「お姉ちゃん・・・」

男の子は、か細い声で言った。

もの欲しそうな顔で、弁当を見つめる男の子。

「・・・お腹、空いてるの?」

男の子は、こくん、と頷いた。

「このお弁当でいいなら・・・」

知奈は、夢見心地にそう言っていた。不思議とか、疑いとか、そういったもの以前に、この男の子が可哀想でたまらない気がするのだ。

男の子の汚れた顔は、たちまちパッと輝き、「ありがとう」と言うと、何も言わずにがつがつと食べ始めた。

その様子を、知奈は座って見ていた。

凄まじいスピードで食べ終わり、男の子は、ふぅっ、と溜息をついた。

そして知奈の顔を、ずいっと正面から見ると、再び礼を言った。案外、礼儀正しかった。

暫くは、二人とも並んで座っていた。何も喋らなかった。

ふいに、男の子が、ねぇ、と口を開いた。

「何で、お姉ちゃんはここにいるの?」

知奈は、ふっと弱い笑みを見せた。

「・・・何でだろう、ね。」

すると、心配そうに、男の子が知奈の顔を覗き込む。

「嫌なこと、あったの?」

「無いよ。・・・無い。」

まるで自分に言い聞かせているかのように、知奈は言った。

「嘘だぁ。」

男の子は、はしゃいだように言った。

「だって、ぼく、知ってるもん。お姉ちゃん、好きな人、いるでしょ?」

思いがけない言葉を聞いて、知奈は明らかに驚愕した。

そんな知奈のことはそっちのけで、男の子は話を続ける。

「もし、嫌なことされても、諦めないで。

 裏切る友達は、友達じゃないから、心配しないで。

 浮ついた理由で人を愛する人は、相手にしないで。

 ぼくは、お姉ちゃんの味方だから・・・」

そう話す男の子は、幼児のそれでは無かった。

一方の知奈は、言いたいことが山ほどあるのに、驚きで声も出せないでいる。

いつの間にか、男の子の洋服は、新品の様に綺麗になっていた。

「頑張って。」

その一言を残し、男の子はふいに消えた。

知奈は、その場に唖然と座っていた。

今のは白昼夢だったのか――現実的に考えて、あんなこと――

しかし、知奈が食すはずであった弁当は、空っぽだった。

知奈は、ふぅ――と深く溜息をついた。そして、記憶を整理し始めた。

4 裏庭と想い人

知奈は、休み時間、千里にこの体験をかいつまんで話した。

普通、誰も信じないような話を、千里を信じているからこそ知奈は話した。

千里は、時折相槌を打ちながら、真剣に聞いていた。

しかし、知奈が話し終わり、少しの沈黙が流れると――

「・・・あっ、あたし、ちょっと用事があるんだった。ゴメンっ、又ね!」

そう言って、千里は教室を出て行ってしまった。

知奈は、教室を見回した。

隅っこでぺちゃくちゃと喋っている女子。

椅子に座って何かをこちゃこちゃとやってる男子、二人。

読書している女子、数人。

そして――椅子に座っている修也が、知奈をじっと見ていた。

修也と目が合って、知奈は目をそらそうと思ったが、何故かそらせなかった。

知奈は真っ赤になって、時間の感覚が無くなっていった。

一秒だったのだろうか、一分だったのだろうか、五分だったのだろうか。

二人の、不思議な見つめ合いが続く。

ふいに、修也ががたんと席を立った。

「あ・・・」

知奈は、声にならない声を出した。

修也は教室のドアへ向かう。しかし、ふっと知奈の方を振り向くと――

「何ボケっとつっ立ってんだよ。早く付いて来い。」

「・・・はぁ?」

思いがけない言葉に、知奈は思わず、間の抜けた声を出してしまった。

しかし、それ以上修也は何も言わない。

その無言の迫力と、「嫌われたくない」という思いから、知奈は訳のわからないまま、修也に付いていくしか無かった。


修也と知奈が辿り付いた場所は、人気の無い、しんとした裏庭だった。

足を止めるなり、修也は無表情に、知奈に向かって手を出した。

意味がわからず、ぼぅっとしている知奈を見ると、修也は少し焦り気味に言った。

「さっさと出せよ。渡すもん、あるだろ。」

知奈は、え・・・、と短く言った。

「だから・・・あれだ、あれ。」

相変わらず呆けた顔をして、知奈は修也を見ている。

修也は更に焦り気味に言った。

「今日・・・2月だろ。」

「うん。」

知奈が短く相槌を打つ。

「2月っていえば・・・ほら・・・その・・・」

修也は既に真っ赤だ。先ほどの知奈よりも。

その瞬間、知奈の頭の中には、あるものがパッと思い浮かんだ。

まさか、と思いつつも、知奈はそれを言葉にした。

「もしかして・・・チョコ、貰いたいの?」

修也はサッと顔をそらした。しかし、今だに手は伸ばしたままだ。

「だから、貰ってやるって言ってんだよ。さっさと出せ。」

その姿が、今までの修也のイメージと全く違っていて、知奈は面白くなってきた。

知奈は、カバンに入れておいたチョコレートを、さっと出した。

そのチョコレートを見た瞬間、少しながら顔を輝かせた修也。

「やっぱり、俺に貰って欲しかったんじゃねえか。貰ってやるよ。」

「違うよ。あたしがあげてあげるの。」

「俺が貰ってやるんだ。」

「あげてあげるの!」

「貰ってやるって言ってんだろ!」

知奈は、ぷっと吹き出してしまった。それがスイッチとなり、笑いは止まらない。

修也も又、知奈を真っ直ぐと見据え、笑い始めた。

笑いが収まると、知奈は笑顔のまま、修也にチョコレートを渡した。

修也はぶっきらぼうにそれを受け取ると、恥ずかしそうに「放課後、ここで待ってろよ」と言い、校舎へ戻って行った。

修也の後姿を見ながら、知奈の心には嬉しい気分と信じられない気分が混ざっていた。

あの冷たい修也が、こんな一面を持っていたなんて――知奈は再び、笑いがこみ上げて来た。

そうだ。千里に話そう。千里なら、一緒に悦んでくれるはずだ――

知奈はそう考え、軽いカバンを抱えて校舎に戻った。

5 チョコと放課後

浮かれた知奈の気持ちは、しかし、教室に戻ると、沈んだ。

優花達は、修也の事が好きなのだ――この問題を、解決しなければならない。

修也は、知らん振りで寝ている。先ほどの出来事など、夢だったかのように感じる。

そんな微妙な気分のまま、休み時間は終わり、授業は始まり、終わり――あっという間に放課後になった。

「知奈〜、帰ろ!今日、ちょっと用事あるんだけど、いい?」

千里は、知奈を明るく誘った。

「あ・・・あたしも用事あるから、教室で待ち合わせしよ。」

そっか、じゃ、後でね、と明るく言うと、千里は教室を出て行った。

教室に、既に修也の姿は無い――しかし、あそこに居るはずだ。裏庭に・・・


「あのっ・・・」

裏庭から聞こえてきた声に、知奈はびくっと体を震わせた。

その声の主は、すぐにわかった。甲高いこの声――優花。

その他にも、優花の仲間の智美達がいる。その中には、千里もいた。

知奈は、反射的に適当な物陰に身を隠した。

「好きです・・・付き合って下さい!」

相手――修也は、無表情に、優花の渡したチョコを返した。

優花の手がすべり、チョコは地面に落ち――ぱりん、と音をたてて砕けた。

「あ・・・」

呆然と、優花は立っていた。

「・・・・・・告白するなら、一人で来い。」

その修也は、冷たいままの修也だった。

優花は、うわぁぁぁ・・・と泣き声をあげ、崩れ落ちた。智美がそれをなだめる。

「千里、行こう?」

智美が言った。が、千里は、「砕けたチョコ、片付けてから行くよ。」と、それを断った。

それを疑う様子も無く、智美達は優花を連れ、裏庭を去った。

裏庭には、千里と修也、物陰に隠れた知奈だけが残された――

6 真実と裏切り

冷たい風が、ひゅぅっと吹き抜ける。

「あ、あの・・・」

千里は目をキョロキョロさせながら言った。

「これ・・・」

チョコレートを差し出す千里。修也は、そのチョコを無表情に見た。

「・・・千里、だっけ。」

「あ・・・はい。」

千里は目をキラキラさせながら修也を見る。

「お前・・・今日の弁当の時間、優花とかって奴等に、知奈のこと言ってただろ。」

「えぇ?」

びくっとしたように震え、それでも尚平静な千里。

「それで、優花に『あんなブスが恋実る訳ないよねー』『優花、告っちゃいなよ!』とか、そそのかしてたよな。」

「え・・・え・・・?」

キョトキョトとする千里。落ち着きが無い。

修也は言葉を続ける。

「それなのに、優花の悪い噂を流して――俺は聞いてたぜ。お前の魂胆、バレバレだ。」

「・・・」

千里は無言になった。顔は、青ざめている。

「・・・・・・そうまでして、俺に想って欲しいか?」

千里は尚も無言だ。

「友達を裏切って・・・傷つけて・・・俺に想って欲しいか?」

「そうよ!」

急に、千里が叫んだ。

「あたしは・・・あんたのことが好き。とっても。

 それなのに、誰もあたしの気持ちに気付かないで、ぬけぬけと『修也が好き』なんて言って・・・

 大体、あたしは優花も知奈も嫌いなの。だから、傷つけてやろうと思ったのよ・・・」

千里は、恐ろしい笑顔を見せた。

「もう少しで、全て上手くいくのよ。そう、あんたがあたしのことを好きになれば。

 知ってると思うけど、あたしは令嬢よ。あの竜産グループの。

 今ここであたしの事を好きになったら、あんたのことを婚約者候補として紹介してあげ」

パン、と音がはじけた。修也が、千里を叩いた音だった。

その音と同時に、知奈はバッと物陰から身を出した。

知奈の目には、涙が滲んでいた。裏切られていたことを、ハッキリと悟った瞬間に流した涙だった。

「・・・知奈。」


「・・・千里・・・・・・」

知奈は、涙を流しながらも千里の名を呼んだ。

なかなか一言が言い出せず、しんとした空気が張り詰めた。

「・・・何よ。」

千里の鋭い声は、知奈の知っている千里のそれでは無かった。

「何よっ、何か言いたいことあるわけ?さっさと言いなさいよ!」

やっぱり、言えないよ、こんなこと――諦めかけたその時、ふいに声が聞こえた気がした。

『頑張って!』


「・・・千里、それは、愛じゃないよ。」

千里は、知奈を睨みつける。

「それは・・・執着だよ。」

千里は何も言わない。

「そんな・・・そんなことの為に、人の心を傷つけるなんて・・・」

再び、知奈は涙を流す。


静かな裏庭。

男と女と女の三角形の中に、もう一度冷たい風が吹いた。

*あとがき*

バレンタインに合わせて書いたモノです。
結構思いつきで書きました。

男の子、意味ないじゃん!と思われる方もいるかもしれません。
しかし、これがあるのです。判って頂けると嬉しいです。

ふみコミュに投稿した際、ストーリー展開無理矢理だと、批評が来ました。
反省してます・・

では。


 
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO